読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1964東京オリンピック

東京オリンピック開会式     (1964年)

 

 1964年10月10日、秋晴れのもと東京オリンピックが開会した。私は14歳でした。中学校の放送部員だった私は昼休みの校内放送でオリンピックの様子を連日伝えました。最近のオリンピックの入場行進はかなりリラックスしていてデジカメで撮影する選手も珍しいものではありませんが、52年前の行進ははそれはもう整然としたものでした。曲に合わせて一糸乱れず足を繰り出す日本選手団を見た私は感激しちゃって大変でした。当時我が家は電器店をやっていたのでカラーテレビで見ることができたのはかなりラッキーでした。カラーテレビは大富豪が大泥棒しか持てない時代でしたから。カラー放送自体が始まってまだ4年しかたっていなくて、テレビの番組表もカラー放送にはわざわざカラーの表示がされていました。オリンピックを世界に生中継したのも東京大会が初めてでした。

 私は自宅の居間の壁いっぱいにオリンピックのポスターを貼りつめて気分を盛り上げテレビ観戦しました。陸上ではアメリカのヘイズが圧倒的強さで100メートルの金メダルを獲得しました。実況のアナウンサーが「ヘイズ、ごぼう抜き!」と叫んでいました。他の選手との力の差は今のウサイン・ボルトに匹敵していました。記録は10秒0でしたが当時としてはすごかったです。

 アベベのオリンピック・マラソン2連勝もすごいことですが、このとき国立競技場のマラソンスタートで転倒した選手がいたのを何かの映像で見たのでずーと気になっていました。谷口選手のように途中で転倒することはあってもスタートで転ぶのは珍しいことだと思いネットでキーワードを駆使して調べましたがヒットしませんでした。どこの国のだれなのか知っている人がいましたら教えてください。

 女子やり投げで金メダルを取ったルーマニアのぺネシュ(当時はぺネスと伝えられていた)選手はちょっと太めだったけれど可愛かったです。ほかに女子体操で金メダル3個のチャスラフスカ(チェコ)が印象的でした。

 

彼はどうなったのだろうか

もう30年以上前のことですが、東京で銀行強盗事件がありました。襲われたのは確か相互銀行だったと記憶しています。犯人はすぐに逮捕されました。これだけですと、そんなことがあったのかで終わりですが、私が今でもこの事件を覚えているのはなぜかと言いますと、捕まえてみれば犯人は何と小学生だったのです。小学6年生でしたが、身長は170センチあり、サングラスをかけた風貌からは20歳位に見えたということでした。北陸から車を盗んで上京犯行に及んだものでした。 逮捕後は児童相談所送りになったと思われますが、その後の彼について知りたくなりネットでキーワードを駆使して検索しましたが、ヒットする記事に到達できませんでした。これだけのことを小学生でやってしまった実行力はすごいと思います。生きていれば40代になっている彼は今どうしているのだろうか。悪の道をそのまま進んだのか、その実行力で事業家として成功をおさめたのか気になります。